読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼尻將惠のお花と暮らす日々

四季折々の草花を素敵に見せるコツをご紹介します!

クライドルフの世界


月に一度は美術館やお庭めぐりに時間を作るように心がけています。女性は女三界に家なしと言われ、家族の為に洗濯掃除食事の支度他諸々時間を費やさなくてはなりません。でも一度きりの人生のなかで出来る限り多くの感動に出会い、自分の心を豊かにしていく時間も大切にしたいものです。昨日渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている『スイスの絵本作家クライドルフの世界』展に行ってきました。自然界に咲き乱れる植物達を擬人化して描くクライドルフの世界は素晴らしく、その独特の世界に魅了されました。その中で吉谷桂子さんがフェアリーの潜むガーデンジオラマを制作されていて、クライドルフの世界がそのまま3Dになって出現したようでとても素敵でした。我をわすれて身を乗り出して見入ってしまい、そんなに近づかないでと注意されてしまったほど。写真撮影が禁止のためご紹介出来ませんが、是非クライドルフ展にお出かけください。7月29日まで開催されています。普段から植物をこの子達と呼んでしまう私は、庭の花達がクライドルフの世界の描く姿に見えてしまいます。