読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼尻將惠のお花と暮らす日々

四季折々の草花を素敵に見せるコツをご紹介します!

寄せ植え作りのヒント〜その2〜

寄せ植え作りのヒントとして色合わせのお話をしましたが、さらに寄せ植えを素敵に見せるコツをお話します。私が作品を作る時、必ずその植物選びや植え込みの位置を決める基準になります。それは『光と影』の演出。私の作品を見て下さったことのある方はお分かりになると思います。
アムステルダムの美術館での一枚。光の当たる部分と影の部分がはっきりと描かれています。
こちらも同じです。
寄せ植えがコンテナでもハンギングでも同じこと。光と影を演出して見せることで、より立体感のある作品に仕上がります。
これは昨年の国際バラとガーデニングショウに出展したハンギングバスケット。タイトルはずばり『5月の光と影』
街でのウインドウのディスプレイからも美術館の一枚の絵画からも学ぶところはたくさんあります。もうすぐ春です!どんどん出かけてアンテナを張り巡らせましょう。