読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼尻將惠のお花と暮らす日々

四季折々の草花を素敵に見せるコツをご紹介します!

国際バラとガーデニングショウ2

今年は会期が長くなり16日に劣化した植物の入れ替え作業を行いました。屋内でのガーデニングショウはどうしても植物に日が当たらない為、本来の色が失われぼんやりした感じになってしまいます。入れ替えをしないところもあったようですが、吉谷桂子さんの庭は植物の入れ替えと共に初日蕾だった花が一斉に咲き始め更にドラマティックな庭になっています。まだみてないとおっしゃる方是非お出かけください。後半戦に突入した国バラで感じたのは、植物の入れ替えが難しいハンギングバスケットも、最終日まで少しでも美しく見て頂くために、出来る限りメンテナンスをしていい状態を保つことが大切ということ。遠方から出展されてメンテが出来ないという方もいるのでしょうが、会場で元気のなくなった植物を見るのは残念なことです。残すところあと3日。頑張れ!