読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼尻將惠のお花と暮らす日々

四季折々の草花を素敵に見せるコツをご紹介します!

牧野植物園

1日〜4日まで高知県立牧野植物園に行ってきました。牧野富太郎先生の生誕150年を記念するイベントのひとつで吉谷桂子さんがプロデュースする花皿鉢(はなさわち)の植栽のお手伝い。初めての高知県そして牧野植物園。桜・レンギョウユキヤナギ・トサミズキ・スイセン・チューリップなどが咲き乱れる広い植物園の中、高台の芝生広場に設置された花皿鉢、直径3mから5mのものが11皿。高知の陽の光は強く、まさにラディアントというテーマにピッタリ。植栽作業はハードでしたが(皿の上に乗ったり降りたりが結構きついのです)楽しい作業でした。また、3日目には台風並みの大嵐がきて、せっかく植え込んだゆりが倒れてしまい、最終日に植え替えるというハプニングも。ちょっと遠いですが、たくさんの方に見てほしいです。余談ですが、夜は毎晩飲んでおりました。高知は酒も料理もまっことうまいぜよ。